本文へ移動

本瓦乾式SS工法

 本瓦乾式SS工法は、丸瓦をあらかじめ縦桟木及び屋根面に固着しておいた取り付け芯材(人工木材使用)に釘、ビスなどの固定金具を用いて固着する画期的な工法で、丸瓦がずれ落ちたり吹き落とされることが一切ありません。
ー 本瓦乾式SS工法の4つの特徴 ー

特徴1

従来の本萱瓦の美しさを全く損なうことなく、並列した丸瓦の美しい直線を提供します。

特徴2

土・漆喰などの作業が必要ないので工期が短縮されます。

特徴3

土・漆喰などの作業が必要ないので工期が短縮されます。

特徴4

丸瓦の裏面の通気性がよくなり結露などによる雨漏れを防ぎます。
※このほかにも様々な効果があります。
ー 本瓦乾式SS工法なら ー
芯材と株の縦桟木で平瓦をしっかり挟み込み、丸瓦をステンレス製のビスで芯材に1枚ずつ固定することによって、地震や強風によって生じる滑落・落下、飛散 を長年にわたって防止します。しかも、瓦裏面の通気性がよくなり、雨水、結露などによる野地板(屋根の構造部材)の腐食を防ぎます。
丸瓦は取り付け芯材にしっかり固着されているのでずれ落ちる心配はありません。
ー 本瓦乾式SS工法の4つの特徴 ー

耐風圧試験

ー 工法の特色 ー

デジタル化

原寸データをプリントアウト

工場制作

原寸にて板取り

製品開発

従来瓦に比べて半分の重量

小屋裏の自然換気

瓦取り付け状況
2021年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
オチ新瓦産業株式会社
〒799-2301
愛媛県今治市菊間町佐方39番地
TEL.0898-54-2394
FAX.0898-54-2178
1.一般菊間瓦製造・販売・施工 
2.社寺・仏閣・文化財の瓦製造・施工
3.各種屋根瓦施工
TOPへ戻る